測定工具の長持ち保管術

こんにちは、大谷です!

今回は正しいメンテナンスで測定工具の精度を保つ保管術をご紹介いたします。

 

【ノギス】

 

 

1.使用後ノギスに付着したホコリ、汚れや水分(油)などを布で拭き取ります。

 

2.防錆油を布に含ませノギス全体に薄く塗布してください。

 

 

 

 

 

 

3.保管の際にはノギスの止めネジを緩めて、測定面を少し開いた状態でケースに入れて保管します。

 

4.気温、湿度の変化で材質の伸び縮みが発生し、変形の原因になります。
直射日光の当たる場所や高温、低温多湿な場所などは避けて保管してください。

 

 

 

 

【マイクロメータ】

 

 

1.使用後、マイクロメータに付着したホコリ、汚れや水分(油)などを布で拭き取ります。

 

2.防錆油を布に含ませマイクロメータ全体に薄く塗布してください。

 

 

 

 

 

 

3.保管の際にはクランプレバーを緩めて、測定器を少し開いた状態でケースに入れて保管します。

 

4.気温、湿度の変化で材質の伸び縮みが発生し、変形の原因になります。
直射日光の当たる場所や高温、低温多湿な場所などは避けて保管してください。

 

 

 

 

【シクネスゲージ】

 

1.使用後、リーフに付着したホコリ、汚れや水分(油)などを布で拭き取ります。

 

2.防錆油を布に含ませリーフ、ケースに薄く塗布してください。(次回使用時は防錆油を拭き取ってからご使用ください。)

 

3.気温、湿度の変化で材質の伸び縮みが発生し、変形の原因になります。
直射日光の当たる場所や高温、低温多湿な場所などは避けて保管してください。

 

 

 

 

 

※シクネスゲージ出荷時、錆を防ぐために防錆粉を付着させてあります。
ご使用前に完全に拭き取ってからご使用ください。

 

 

 

 

正確な作業は正確な測定工具から!

正しいメンテナンスで愛用の測定工具と長く付き合っていきましょう。